2005年04月21日

「おひとりさま」いらっしゃい。

 ちょいと前までは女性がひとりで出掛けると「へぇ・・・?」って空気がありありでしたが。
 最近は少しずつ女性ひとりでも入りやすいお店が増えてきたり。
 女性一人用の宿泊パックなんてのもあったりして、
 ちょっとずつ市民権を得てきている「おひとりさま」。

 そんな「おひとりさま」にとってスタジアムはどうなんだろう。
 サッカー観戦といえばゴール裏。
 お兄ちゃんたちが90分通して選手と共に闘う。
 そんなイメージを持っている人たちはまだまだ多いかも。
  →そこへいきなり初スタジアムで女性ひとりが行くのはさすがにちょいと勇気が・・・(笑)。
 
 でも実際のところスタジアムにいる半数近くが女性だそうで(Jリーグ調べ)、
 おばちゃんがいるあたりはひとりできている女性もちらほら見かける。
 世界中いたるところでサッカーをやっているけれど、
 日本は安心して女性ひとりでスタジアムに足を運べるラッキーなお国がら。
 これをもっと生かして?集客できないもんかしら。

 誰かといっしょならそれはもちろん楽しい。
 でも、誰かがいないと好きなところへも行けないっていうのはちょっとイケてない。
 サッカーおもしろそうだけど、いっしょに行く人がいないから、と躊躇しているあなた。
 イイ男たちが泥臭く真剣勝負する、そんなトリコロールがお出迎えしてくれるはず。
 こんなにおもしろいものを見逃さない手はない。
 まずはスタジアムへ「おひとりさま」いらっしゃ〜い。
  →SB席あたりがおばちゃんはおすすめ。

 きちんとひとりでも行動できる、自立した大人の女性と横浜のイメージって合いそうだし。
 そんな横浜らしい集客があってもいいのではと思う。
  →絶対数はやっぱり少ないだろうけどね〜。
 まずは一回きてもらってそこから。
 リピーターになっていくうちに応援スタイルはいろいろな形へ分化していくだろうから。
 
 ・・・あっ、そんなわけなので(どんなわけなので?)
 熱くコールしている人も、ほんわか家族づれも、らぶらぶカップルも、
 スタンドにひとりでいる女性を暖かく見守ってほしいです。
 試合に入り込んでしまって、声が出たりアクションが大きくなってもですよ〜。
  
【関連する記事】
posted by あきぞう at 21:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | まりのす日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3085995

この記事へのトラックバック

おひとりさま
Excerpt: いま、「おひとりさま」ブームです。 たとえ休みの日でも、誰かと一緒だと、時間、お金、都合、行きたい場所、やりたい事など、どこかで譲歩しなければならない。しかも、和を乱さぬようにと、いらぬ気まで使ってし..
Weblog:  るる☆女を語ってみました。
Tracked: 2005-06-12 18:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。